骨折していても運動できます。

ピラティススタジオB&B南青山の出井です。

 

本日は1週間前に足の小指を骨折した会員様が

レッスンにいらっしゃいました。

ドアにぶつけてしまったようで、聞いただけで

こちらも痛くなります。。

 

レッスン前に「骨折してても大丈夫ですか?」と

お電話頂きましたが、私も答えはもちろん「大丈夫ですよ!」

です。

 

骨折して3日以内の場合や、スタジオに来るために歩くのも

辛い場合はレッスンしない方が良いですが、そうでなければ

大丈夫です。

※左足の指を骨折していますが、このように指には全く負担をかけずに腹筋や肩、腕をエクササイズすることができます。

ピラティスは戦争中の負傷兵のリハビリにも効果を発揮した

ように、歩けなくてベッドに寝た状態でもトレーニングできる

メソッドです。

 

ケガをして急性期が過ぎていれば、患部に負担をかけなければ

むしろ運動して血液循環を促した方が早く治癒しますし、

ケガをしていない部位の筋力低下や機能低下、たるみを防ぐことができます。

 

※マーメイド。ウエストの引き締め、体側のストレッチに効果的なエクササイズ。

 

もちろん無理は禁物ですが、ケガをしたから

全てをあきらめないといけない訳ではありません。

「ケガをしてしまった。それでは他に何ができるかな?」

という様に、できないことにではなく、できることに

フォーカスして生活する方が気持ちのうえでも体にとっても

有益です。

 

この会員様はアスリートではない一般の会員様ですが、

美と健康に対する意識が非常に高い方です。

仕事にも生活にも支障が出る普通ならめげてしまいそうなケガですが、

「やらなきゃいけないことがたくさんあるのに

不便で困る」とケガについては全く深刻に捉えていない様子でした(^^;

 

私もこの精神力は見習わなければと思いました(^^)

 

 

 

このページの先頭へ