スポーツは体に悪い!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

めざすのは「凛とした美しさ」

理想のBodyとあなたらしい心で

輝き続けるための

オーダーメイドピラティス

15000レッスンの実績と安心

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは!

ピラティススタジオB&B南青山オーナーの出井です。

 

ピラティスさんは著書の中で、

「スポーツは体に悪い!」

と述べています。
本当なのでしょうか!?
私は幼児園児の頃から高校まで野球に

夢中で、大学時代は社会人アメフト

チームのトレーナーをしていたくらい

スポーツは大好きですので、

ピラティスさんの記述を見てびっくりしました。
ただ、思い返すと私自身の体もスポーツに

打ち込み過ぎてケガの連続でした。
中学生の時には変化球を投げすぎて

肘を剥離骨折して半年間ボールを投げる

ことができなかったですし、

高校生の時には、太ももの肉離れが

癖になって悩まされました。
また、野球で何万球とずっと右肩で投げて、

何万スイングとずっとバットを振って、

ベースランニングをずっと左周りで走って

いましたので、

体のネジレが今でも後遺症として残って

しまっています。

(ピラティスでかなり改善してきましたが)

ですので、スポーツは体に悪いというのは

あながち間違いではないですね。。
ピラティスさんは、

「世間でよく知られた一流の運動選手が

何年にもわたり、さまざまな不調に苦しめ

られていることは一般にはあまり知られて

いない。

曲芸まがいのトレーニングで体が異常に

発達してしまう。
また彼らは特に心臓病を発症しやすい。

実際、人生の最盛期どころか、最盛期を

迎える前に亡くなる人も多いのだ」

と述べています。
スポーツに打ち込み過ぎることによって

外科的にも内科的にも色々な問題が

後々発症してきます。
ピラティスさんはスポーツは体に悪い

と言っていますが、真意は、スポーツを

することが悪いわけではなく、誤った

トレーニング法を続けることが悪いと

述べています。

 

特定の筋肉だけを鍛えることで体の

バランスが崩してしまったり、

自分の体の限界を知らずに心臓に負担を

かけ過ぎて「早死に」の原因になったり

してしまいますよ、

と言っているのです。
そしてこれらの問題を防ぐために、

ピラティスメソッドがある、と言っています。
私はピラティスの指導を仕事にしていますが、

自分が現役時代にピラティスのパーソナル

レッスンと出会えていたら、どんなに

良かっただろう!と思います。

きっとケガなく良いパフォーマンスを

発揮できていただろうな、と心の底から思います。
あいにくもう現役には戻れないですので、

今はスポーツを楽しむ人、一流選手を目指す人が

ケガなく高いパフォーマンスを発揮できるような

体づくりをサポートしていく側で頑張りたいと

思っています。
ぜひこれからもピラティスに取り組んで、

日常生活はもちろん、スポーツも楽しめる

お体作りをして頂ければ幸いです!

☆現在体験レッスン募集中です☆

通常50分レッスン8600円→5400円で

ご体験頂けます。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください☆

このページの先頭へ