「お互い様」「助け合い」の精神を☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

めざすのは「凛とした美しさ」

理想のBodyとあなたらしい心で

輝き続けるための

オーダーメイドピラティス

15000レッスンの実績と安心

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは!

ピラティススタジオB&B南青山オーナーの出井です。

 

今日はピラティスに関係のないお話です。

そんな時代があったのか!と衝撃を受けた話です。

 

先日、お客様が

「昔は宅配便が届くときに、不在だった場合は

お隣さんが預かってくれたり、反対にうちがお隣の荷物

を預かったりしていたのよ~」

とおっしゃいました。

「40年くらい前のことよ~」

とのことですが、今の時代では考えられないことですよね!

 

一昔前はそれほどご近所さんと繋がりがあって、

信頼関係があったということですね。

 

これが今もできていれば、現在の再配達の問題も

起きなかったことでしょうし、宅配便の配達料の値上げも

なかったかもしれません。

 

つい40年程でこうした信頼関係や絆が薄れていって

しまったのはとても残念に思います。

 

都内ではホームセキュリティ会社と契約している

お宅が多いですが、一昔前よりも世の中が物騒に

なったということの現れだと思います。

 

もっと昔、江戸時代の米澤藩の上杉鷹山(ようざん)は

互助のシステムとして5人組と言う、何か問題があれば

隣近所で助け合うように、ということを命じたそうです。

 

孤児や孤老、障碍者などはその組合で養うようにして、

もし一つの村で災害が起きた際は、周りの4つの村で

救援するように定めたとのこと。

 

こうすれば、隣近所の家族の健康などにも気を配るでしょうし、

不審者がいないかどうかも皆で用心して防犯にもなることでしょう。

 

素晴らしいアイデアだと思います。

 

かのアメリカのジョン・F・ケネディは、日本で最も尊敬する

日本の政治家に、この上杉鷹山の名前を挙げています。

 

私自身地方ののんびりした田舎で育ちましたので、

初めは東京のセキュリティの高さ、人の警戒心の高さに驚きました。

今は慣れましたので、こんなものかなと思いますが、

子どもを育てる環境としては少し窮屈に感じます。

もっと安心して伸び伸び外で遊ばせられる環境が

欲しいなと思います。

 

一昔前の、何か起きたら「お互いさまの精神」で助け合える社会は

きっと今よりも生きやすい世の中だったのではと思います。

 

そんな古き良き日本の環境や人間関係を少しでも作っていけるように、

近所の方やスタジオにお越しになるお客様と接していきたいなと思います。

 

 

☆現在体験レッスン募集中です☆

通常50分レッスン8600円→5400円で

ご体験頂けます。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください☆

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ