ピラティスメソッド誕生の背景に迫る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

めざすのは「凛とした美しさ」

理想のBodyとあなたらしい心で

輝き続けるための

オーダーメイドピラティス

15,000レッスンの実績と安心

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは!

ピラティススタジオB&B南青山オーナーの出井です。



今まで、ピラティスメソッドの始まりは

「戦争で負傷した兵士のリハビリから始まった」

という情報しかなく、それ以上の情報を手に入れる

ことができませんでした。

私はこの情報から、

「ピラティスさんは負傷した兵士を次々と

ピラティスメソッドで復活させて、

戦線に送り返した。」

と解釈していました。

しかし、これでは戦争肯定者では

ないか、自国のことだけ考えている人

ではないか。

ピラティスさんは著書では

「人類の健康と幸福のために!」と書いて

いたのに、言ってることとやっていることが

違うのではないか、と釈然としないまま

年月が経ちましたが、遂にこのモヤモヤ

した気持ちを晴らす情報を目にしました。

その情報は下記です。

1912年、ドイツ人のピラティスさんは

32歳のときにボクサーの修行のために

イギリスに渡り、そこでサーカスの

パフォーマーとして雇用された。

1914年に第一次世界大戦が勃発し、

イギリスのランカスターの敵の

キャンプ地で拘留された。

そこでドイツ人の仲間の収容者の

体力と健康の回復のためにエクササイズ

を教えた。

次に、同じくイギリスのマン島の別の

収容所では看護師として働き、

戦争により病気で苦しんでいる拘留者と

トレーニングに取り組んだ。

また寝たきりの兵士のニーズに応じて、

ベッドフレームにバネを取りつけて

エクササイズができるようにして

リハビリをした。

(これが後のマシンの原型のアイディアとなる)

戦後ドイツへ帰国し、ドイツ政府から

ハンブルグの新設された軍警察の訓練を

行なうように要求された。

しかしピラティスさんはドイツの

政治的方向性に失望しており、また

戦争のために人を訓練する意欲が

湧かなかったため、祖国を去り

アメリカに行く決断をした。

という情報です。


これを読むと、ピラティスさんは

決して戦争肯定者ではなく、ただ

仲間の健康を思ってエクササイズに

取り組みメソッドを開発していった

こと、そして戦争を嫌っていた

平和主義者だということが分かります。

私はこの情報を目にして、心から

安心しました。

それは、私自身がライフワークとして

取り組んでいるピラティスメソッドが

ピラティスさんの「人類の健康と幸福」という

崇高な理念を基に作られたものだということが

はっきりと分かったからです。

ピラティスさんは著書の最後にこう記しています。

「私は我々人類の将来の幸福に関心のある

人たちに訴える。

私の実践的なメソッドを、もっとも大きな

恩恵を受けるはずの世間一般の人々の前に

持ち出す手助けをして頂きたい。

健康を高める私の発明を自分たちの目で確かめ、

試し、人間が神からの授かりものである

「健康と幸福」を享受するという究極の目的を

果たしてほしいのだ。」

という文章です。

私はピラティスさんの哲学、エクササイズ

メソッドにすごく共感しますし、実践する

ことで私自身健康でいられることを日々

実感します。

私もピラティスと出会い多くの恩恵を

受けている身として、微力ながら

これからもピラティスさんの願いでもある

「ピラティスを世間の人々に伝え広める」

ことを今後も地道に行なっていきたいと思います。



☆現在、体験レッスンを募集中です。

定価8600円→5400円でご体験頂けます。

ご興味ある方はお気軽に申し込みフォームまたは

お電話でお問い合わせください。

このページの先頭へ