ピラティススタジオB&B南青山

NEWS

 B&Bからのお知らせ 

加齢による股関節の損傷を防ごう!

〜〜めざすのは凛とした美しさ〜〜

 

こんにちは!

ピラティススタジオB&B南青山オーナーの出井です。

今日は加齢による股関節の損傷を防ごう!を

テーマにお話させて頂きます。

 

いくつか専門用語が出てきますが、

なるべく分かりやすく噛み砕いて

説明していきたいと思います。

 

人間の体は加齢とともに機能が低下していく

ことは避けられないものです。

 

国の統計によると、要介護者の手前の

要支援者(身支度や家事などに支援が必要な人)

となった要因の第1位は関節疾患だそうです。

 

関節疾患とは、背骨や股関節や膝などを

痛めることで、それにより

歩くのに支障が出て支援が必要となる

ケースが多いです。

 

今回は関節の中でも「股関節」について、

加齢との関係についてもお話したいと思います。

 

まず股関節とは太ももの骨(大腿骨)と

骨盤をつなぐ関節のことです。

 

股関節は立っている時は上半身の重さを

支える役割がありますし、

座っている姿勢からの立ち上がり動作や

歩く時に足を前後に動かす際にも使われる

関節です。

 

ですので、体を支える「安定性」と、

歩くための「可動性」という2つの

相反する機能を持っている関節なのです。

 

股関節は骨盤と繋がっていますので、

骨盤の状態にも大きく影響を受けます。

高齢者の特徴的な姿勢として、図の左のように

背中や腰が丸まった姿勢があります。

これが骨盤が後ろに傾いた、いわゆる

骨盤後傾のポジションです。

 

30〜40代くらいまでは、特に女性は

骨盤が前傾した反り腰の姿勢が多いですが、

これが50代以降は活動量の低下に伴う筋力低下

により上の図のように骨盤がどんどん

後傾していくのです。

※ソファに座っている姿勢はまさに骨盤後傾姿勢です

ので、長時間座りっぱなしにならないようにご注意ください。

 

そして加齢とともに活動量が減って筋肉の量が減ると、

股関節は動くための「可動性」が失われていき、

転ばないために体を支える「安定性」を優先することになります。

(可動性<安定性)

 

ですので、股関節は加齢とともに硬くなって

開脚や前屈ができなくなっていくのです。

 

さらに筋力低下が続くと、関節の周りにある

関節包(かんせつほう)と呼ばれる柔らかい組織も

固まってきて可動性が失われて安定化(=硬化)が

進んでいきます。

 

そして「姿勢は安定はするけれども、大きく動けない」

という状態になってしまいます。

 

これを改善するためには、股関節だけへのアプローチでは

不十分で、骨盤や背骨など全身を整え直さないと

根本改善しません。

 

このアプローチが得意なのがピラティスの

プライベートセッションです。

 

痛めて固まっている股関節の動きを良くすることも

できますし、後傾してしまった骨盤を前傾方向に促したり、

後弯して固まってしまった腰椎を前弯方向に促したりして

ニュートラルなポジションに導いて整えることもできます。

 

加齢に伴う姿勢の悪化を防いだり改善したりする

ためには解剖学を理解しているピラティスインストラクター

から指導を受けることが重要です。

 

弊スタジオ所属のインストラクターは国際的なピラティスの

認定団体(PMA)所属の先生ですので、安心して

セッションを受講して頂ければと思います。

 

生涯に渡って自力で歩けて生活できるためには

ピラティスが非常にお役に立てるメソッドだと

自負していますので、ご興味ある方はぜひ一度

ご体験にお越しくださいませ(^ ^)

 

出井和也

Instructor

IKUKO

ikuko

【資格】

■ PHIピラティスインストラクター (マットI & II、バレル、リフォーマーⅠ・Ⅱ・Ⅲ)
■ ヨギーインスティテュート
■ ベーシックトレーニングコース(ハタヨガ)
■ 日本スポーツ協会公認水泳指導員

【経歴】

長い間、フィットネスインストラクターとして、水泳指導、アクアビクスのレッスンを行ってきました。 プールサイドの冷たく硬い床の上を裸足で飛んだり跳ねたり、長時間水の中にいて芯から身体を冷やしたり、無理をしてきました。
正しい姿勢で動くという意識もなかったと思います。
ピラティスに出会い、身体を動かし勉強するうちに、自分の身体を整える、まさに自己整体の素晴らしさに気付きました。
泳ぎが大きくなり、フォームも変化しました。
ピラティスは心身を整え、他のスポーツのパフォーマンスの向上にもつながります。
もちろん日常生活も健やかに怪我をしない日々が送れます。このピラティスの素晴らしさを皆さんにお伝えし、一緒に楽しんでいきたいと思います。

Instructor

MIHO

miho

【資格】

■ 全米ヨガアライアンス200(UTL卒業)
■ JYIA日本ヨガインストラクター協会2級取得
■ PHIピラティスマット、プロップス修了
■ Stottピラティスリフォーマー、バレル、チェア、キャデラック受講
■ 現在、全米ヨガアライアンス500取得中

【経歴】

大学生の頃にふとしたきっかけで、自分が側弯症だと知り、それまで側弯症という存在すら知らなかった私にとって、側弯症という事実もショックでしたが、それ以上に自分の事なのに何も気付かずに過ごしてきた自分自身にショックを受けました。

少しでも側弯を改善しようと始めたのがヨガでした。
側弯症改善目的で始めたヨガでしたが、自分の身体と向き合う時間がとても新鮮で、ヨガが大好きに! 毎日ヨガをしていくうちに 「ヨガやってます。でも体硬いです(^^;」といつも口にしていた言葉が、「前は硬かったです」に変わり、体重も10kgほど落ち、この変化も皆んなに知ってもらいたいとヨガインストラクターに転身。
ヨガを練習、指導するなかで、側弯症にもっと良いアプローチがありそうと思い始めたのと同時に、生徒さんにおいても、それぞれの悩みにもっとダイレクトにアプローチできる方法がないかと思うようになり、色々考え悩んでいた時に目に止まったのがピラティスでした。

すぐさまピラティスのプライベートレッスンを受け、その的確なアプローチに感動し、すぐにピラティスの勉強を始めました。

Instructor

KAORU

kaoru

【資格】

■ PHIピラティスインストラクター(マットI & II、プロップス、リフォーマーI)
■ STOTT PILATES 初中級マットコース修了
■ JCCAベーシックインストラクター
■ 管理栄養士

【経歴】

10代の頃より健康に関心を持ち、大学では栄養学を学び、スポーツジムでアルバイトをする生活を送る。
卒業後は栄養アドバイスとサプリメントの販売をする職に就く。その後、メディカルフィットネスクラブにて食事指導と併せて、運動指導に携わる。なかなかスタイルや痛みなどが改善されず、お客様の運動サポートで悩んでいた時にピラティスに出会い、体を正しく使う事の重要性に気づく。
更なる体の理解を深めるため、ピラティスの他、整体、加圧トレーナーに師事。
パーソナルトレーナーとして活動を開始。
今までに学び、実践や指導をしてきた数多くの健康法の中で、体と心に最も大きな変化をもたらしたピラティスの素晴らしさを改めて実感する。現在はピラティスインストラクターとしてこれまでの知識と経験を生かし、多方面からクライアントの美容と健康をサポート。

Instructor

MEGUMI YOKOYAMA

横山 めぐみ

【資格】

■ Peak Pilates インストラクター
■ Peak Pilates PPS1
■ Peak Pilates Chair1
■ Peak Pilates Barrel1
■ クラシックバレエ インストラクター

【経歴】

幼少よりクラシックバレエを始める。カンヌ・ロゼラ・ハイタワーダンススクールへ留学。
帰国後、バレエの指導をしながら舞台活動を続ける。

Instructor

HITOMI

Hitomi

【資格】

■ FTP Instructor of Basic Mat Pilates
■ BASI Certified Comprehensive

【経歴】

側湾症WS、産前産後ピラティスWS修了。
大学卒業後、JTBシンガポール支店にて就職。
1年後日本へ戻り、再び旅行会社そして白金台の結婚式場にて勤務。
資格取得後、BASI Pilatesインストラクターが多く在籍する会社にて指導。

Instructor

MAYUMI KISHINO

岸野 まゆみ

【資格】

■ PHIピラティス Mat I &II、props、reformer I &II、tower
■ BESJ mat,chair
■ Body control pilates シニア
■ 社団法人ボディメイクプログラムスタイルアップ美容矯正修了
■ JCCA認定ベーシック、ひめトレインストラクター
■ 日本体育協会スポーツリーダー
■ 横浜市体力づくりインストラクター
■ BESJラダーバレル
■ balanced body3D解剖学

【経歴】

30歳で自己免疫疾患で入院、その数年後腰椎椎間板ヘルニア手術,入院を経験し真の健康とは??と様々な健康美容を模索する中ピラティスに出会いました。短期間で心身が楽になり改善されたことからピラティス指導者の道に進みました。

長らくマットピラティスのみを指導しておりましたが、マシンピラティスの学びを深め、ボディラインの更なる変化、何より動きやすさに開眼しました。

マシンピラティス専門スタジオやカイロプラクティック治療院でのマシンピラティスプライベートレッスンで経験を積み、日々学び、体感したことを皆様にわかりやすく伝えられるようコツコツ励んでいます。

Instructor

KANA MORI

森 加奈

【資格】

■ PHI Pilates MatⅠ.Ⅱ
■ Props
■ Chair

【経歴】

千葉県出身。7歳からクラシックバレエを始める。
スウェーデン王立バレエ学校に1年間留学。その後オランダのプロジェクト”ODD Continent”に参加。
帰国後Noism Company Niigataに3年間所属。現在フリーランスで活動中。

Instructor

AIKO

aiko

【資格】

■ PHIピラティスインストラクター (マットI & II・プロップスコース)

【経歴】

中高6年間は陸上部で高跳びや短距離を、会社員時代は10年以上真剣にダンスに取り組んできました。身体を動かすことが大好きだったのですが、腰痛に悩まされマッサージや整体、カイロなど色々なことを試してきました。
娘を出産後、産後の体型改善にはピラティスが良いと聞いて初めてプライベートレッスンを受けました。レッスンを重ねるごとにボディラインが引き締まったのはもちろん、 慣れない初めての育児でさらにひどくなっていた腰痛が全く無くなり驚きました。
どこに行っても改善しなかった私の腰痛は、自分の姿勢のクセから来ていて、ピラティスで正しい身体の使い方を知ることができたので改善できました。他にも身体の使い方として腰が痛くならない赤ちゃんの抱っこの仕方、抱っこ紐の使い方も知り、その後の育児が本当に楽になりました。
その上ダンスでストレッチなどをしていたときよりも身体の柔軟性が上がりピラティスの凄さに感動してインストラクターに転身しました。

Instructor

HARUNA MINEMOTO

峰本 春菜

【資格】

■ Peak Pilates Comprehensive Level1 (マット・リフォーマー・バレル)
■ Peak Pilates Comprehensive Level2

【経歴】

広島県出身 7歳からクラシックバレエを習い始め、14歳からマーサグラハムのモダンバレエも開始。
東京、神戸、北九州のコンクールに出場する。
中学卒業後、日本の高校に進学せず、ベルギー王立アントワープバレエ学校に単身3年間留学・卒業。
留学時代に解剖学・バレエの本質・基礎等を叩き込まれ、毎日朝から夕方までとバレエ生活を送る。
卒業後、ブリュッセルのツアーカンパニーの一員としてフランス・ベルギー・ポーランドで公演に参加後、帰国。
帰国後上京、コンテンポラリーダンスやバレエの舞台に出る傍ら、バレエ指導者として10年以上指導にあたり、 舞台作品作りやダンサーとしての身体の向き合い方を伝授。

Instructor

TOMOMI FUJIWARA

藤原 友美

【資格】

■ PHI マットⅠ.Ⅱ
■ Props
■ Barrel
■ Tower
■ ReformerⅠ
■ SilkSuspension Fundamentals Ⅰ.Ⅱ

【経歴】

自身のダンスパフォーマンスの向上のためにピラティスを始める。
ピラティスのレッスンを重ねるうちにピラティスをもっと詳しく知りたいと思うようになり資格を取得。
インストラクターとして活動中にPHIピラティスに出会い、ピラティスの奥深さに魅了されPHIピラティスの資格を取得しはじめる。それ以来、よりクライアントのニーズに寄り添えるよう学びつつ、レッスンにも心を砕いてきた。自身の妊娠、出産、産後を通してピラティスの絶大な効果を再認識する機会もあり ピラティスの学びや気づきは現在進行形で深まっている。

Owner / Instructor

KAZUYA IDEI

出井 和也

【資格】

■ PHIピラティスマスタートレーナー
■ 全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)
■ TPI認定ゴルフトレーナー
■ 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
■ マタニティ整体師
■ ファスティングアドバイザー

【経歴】

体育大に入学し、解剖学、栄養学、トレーニングについて学びながら 社会人アメリカンフットボールチームのヘッドトレーナーを務める。
卒業後はウエイトトレーニングの指導者として活動。
その後ボディメイクに効果的なメソッドはないかと探し求めていたところにPHIピラティスと出会う。一人ひとりの姿勢の歪み、体の使い方に合わせて「筋力・柔軟性・バランス」を同時に磨くことができる科学的・解剖学的根拠に基づいたメソッドに魅せられ、翌年にはピラティスの本場アメリカへ飛びマスタートレーナーの資格を取得。
帰国後、東京青山の産前・産後専門のピラティススタジオでディレクターを務める。
「自然を師に生きることで健康で幸せになれる。大切なのは心と体のバランスをとり、自然体でいること。」というピラティスメソッドの開発者ジョセフ・ピラティス氏の言葉と出会い、共感しピラティスの哲学の学びも深めていくことを決意。
2013年東京青山の閑静な地にプライベートセッション専門のピラティススタジオを創業。
現在インストラクター養成コースの講師としても活動している。
2022年よりオーナー出井による完全プライベートサロンを六本木にオープン。

【無料メール講座】

ピラティスって何?ピラティスで痩せるの?という素朴な疑問や開発者のジョセフ・ピラティス氏の哲学を現代人に分かりやすく解説します。ピラティスに興味のある方から既に取り組まれている方まで目から鱗の情報をお届け致します。自宅でできる10本の目的別エクササイズ動画もプレゼント☆読むだけで「凛とした美しさ」を手に入れられる無料メール講座をぜひご登録ください。

メルマガ登録フォーム
Eメール